ヒアロディープパッチの針数は!?針を刺しても痛くない理由とは!?

美容

今、超話題のヒアロディープパッチは、世界初のヒアルロン酸ニードルという針を使った、医療現場で使われている技術を利用して作られた画期的な新商品です。

今までにない、肌の角質層までうるおいを直接届ける最新技術を駆使したパッチで、手っ取り早く、うるおいを届けます。

マイクロ針が沢山ついている透明のシートを肌に直接貼り付けるだけなのですが、針って??!!と驚く方もいらっしゃるかと思います。

痛いのかどうか、どの程度の痛さなのか、少し勇気がいりますね。

こちらの商品は、痛くない200マイクロメートルの長さの針を使っています。

公式サイトにもあるように、ヒアルロン酸の針がしっかりしているので、最初、少しちくちくします、とうたわれてます。

では早速、見ていきましょう^-^

ヒアロディープパッチの針数は!?

さて、この針ですが、1枚の小さな透明シートにつき、いったい何本の小さな針が付いているのでしょうか?

イメージ的には、多くても20-30本ぐらいついているのでは?と考えてしまいますよね。

答えはなんと、750本もの細かい針が付いているそうです!!驚きました。

こんなについているからこそ、浸透力がすごいのでしょうね。

しかも、

このマイクロニードルは、シートの中心部のみについていて、貼ったところの肌の個所を全部カバーしてなくても、肌の内部で浸透して拡大していくしくみなので、

周囲のしわや、たるみにも行き渡るのでかなり、効果が期待できそうです。

ヒアロディープパッチの針を刺しても痛くない理由とは!?

こちらのマイクロニードルですが、

公式サイトでは、

這った直後にチクチクする感じがあるとのことですが、実際はどうなのでしょうか?

針ときいて、やっぱり抵抗があったりする方いらっしゃると思います。

しかも、目の下って、敏感で、皮膚も薄くなっている部分なのにはたして安全なのか?と思うかと思います。

実際に使った方の体験記によりますと、このちくちく感は断続的に続くものではなく、すぐにおさまるそうです。そして、針といってもヒアルロン酸でできた針なので、本当の針ではありません!!

なので、肌に浸透していくうちに溶けてなくなる仕組みでした!

要は、肌の下にある角質層まで届けるには、この多少の痛さでチクチクさせて通過しないことには、うるおいが届かないのです。

この針が、肌の細胞をめざめさせ、活性化させる理由なのでした。

気になるその後の肌の状態ですが、

勿論、痛みからくる腫れや、赤身もなく、実際に使った体験者の方は、“蚊が刺した程度“という表現を使っているほどです。

蚊が刺した時なんて、覚えてませんよね??これならできるかな?と自分でも確信が持てると思います。

まして、この多少の痛みを伴い、素早く肌の奥に浸透してくれるならば、このぐらいの我慢は当たり前かも~と思ってしまうのは私だけでしょうか?

ヒアロディープパッチを最安値で購入するには!?

購入するにあたって、最安値を調べてみましたら、

意外ななんと、公式サイトのお試し価格3,980円(税込4,378円)が一番安かったです。

\\乾燥による小じわを目立たなくする//

>>ヒアロディープパッチ

定価4422円のところ、8枚入り(1か月分)3980円で購入できます。

こちらの商品は、言うまでもなく、通常のドラッグストアでは取り扱いがありませんので、ネットで購入するしかなさそうです。

万が一、15日以上使用しても効果が感じられない方には、

安心安全の全額返金保証制度も設けられているため、安心して試せそうですね。

お急ぎください!!売り切れ必須です!!

\\全額返金保証付きだから安心して申し込む//

関連記事も合わせてチェック⇩

まとめ

40代を過ぎた女性の肌のコラーゲンは、

なんと赤ちゃんがもっているコラーゲンの半分の数値になってしまうそうです。

あんなにもちもちしていた赤ちゃんの肌は、40代のスキンからしたら、倍もコラーゲンがあっただなんて納得ですね。

このコラーゲンをなんとか皮膚の角質層に閉じ込めておく必要があります。

継続してお肌にうるおいを届ける。。それには、ヒアロディープパッチの継続的使用が望ましいですね。

金額も、高いエステに毎回通う費用に比べたらかなり経済的な気がします。

この斬新なヒアロディープパッチですが、モンドセレクションで2017年と2018年ともに金賞を受賞するほど人気な商品となってます。

使用してみた方の使用前、使用後の写真もいろいろ調べてみたところ、

なんと、一回でしわの線が薄くなってたり、張りがでてきた肌に変わったというような、うれしいコメントがでてきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました