老けて見られてしまう「ゴルゴライン」の原因と対策とは?

お肌に関して、いろいろ調べていたら、気になる言葉が・・・?

ゴルゴラインという、厄介なトラブルがあるらしいです。

ゴルゴラインというのは、あまり聞き慣れない言葉ですよね。

今回は、ゴルゴラインの原因についてです。

目次

ゴルゴラインの原因とは?

ゴルゴラインとは、漫画、「ゴルゴ13」の主人公、ゴルゴ13さんの頬のラインからきています。

目頭から頬を横切るライン。

斜め45℃を走っていくラインがゴルゴラインです。

このゴルゴラインは、できやすい人とできにくい人がいますが、できやすい人は、かなり深くラインができてしまい、悩みの種になりやすいです。

ゴルゴラインの原因は、頬のたるみからきていて、「ミッドチークライン」とも呼ばれます。

ほうれい線と間違えそうですが、ほうれい線の上側、鼻の付け根から伸びる線のため、一見、顔の傷とも見られかねないですね。

頬の表情筋の衰え

顔には、57種類もの筋肉があります。

それらが、骨や皮膚と繋がって、細かな表情を演出しています。

年齢を重ねると、その表情筋も、身体の筋肉のように、衰えていきます。

そして、動きが鈍くなり支えきれなくなっていきます。

肌の弾力の低下

年齢を重ねることにより、コラーゲンが減少したり、肌が乾燥します。

そのために、肌自体の弾力がなくなってしまい、落ち窪んだようになってしまいます。

弾力のない状態のまま、たるんでいき、その境がゴルゴラインとなってしまいます。

皮下脂肪の肥大

頬の皮下は、脂肪で満たされていて、外からの衝撃を和らげるクッションの役割があります。

他にも、体温の温存など役割もあります。

この部分が、代謝機能の衰えによって過剰に蓄えて肥大、表情筋の衰えによって、垂れ下がってしまいます。

また、日常生活において原因となるのが、スマホやPCの長時間使用も原因になります。

長時間、電子機器を使っていると、表情筋を使いませんし、目の疲れにつながります。

そうすると、顔の血行が悪くなって、筋肉が固まり、老廃物が溜まっていきます。

結果、頬のたるみになってしまうんですね。

ゴルゴラインの対策とは?

このゴルゴラインを対策するには、ゴルゴラインができてしまう原因を無くしていかなくてはなりません。

それが表情筋を鍛えて、肌に栄養を与えて、マッサージをする。

美容家田中愛 ゴルゴ線!? 解消方法!

そして、表情筋を鍛えると同時に、精神的にも良いのが、笑顔でいる事です。

笑顔でいる事で、毎日が楽しいものになり、それでいて、ゴルゴラインも寄せ付けない。

・・・でも、ほうれい線ができてしまうのでは?

と心配になったなら、こちらが参考になると思います。

ネーミングだけ見ると、新しい漫画のタイトルかな?と思って、ちょっとカッコイイ感じですが、実際にできてしまうと厄介です。

ほうれい線もそうですが、こういうラインがあると、実年齢よりも上に見られてしまうため、しっかり、対策していきたいですね。

目次