顔の角栓だらけを除去?放っておくと毛穴が黒ずみブツブツに!!

自分の顔は、毎日見るけれど、毛穴に角栓が詰まっているのがよ~く見ると分かるんですね。

それからは、もう気になって気になって仕方がない。

鼻なんかが特にそうだけれども、顔全体の角栓が思っていた以上に詰まっているんだな~と感じています。

顔の角栓の取り方、これを調べてみました。

目次

毛穴に角栓が詰まってしまう原因

角栓が詰まっていると、とっても顔の印象が汚くなってしまいます。

とりわけ皮脂の分泌が活発なTゾーンや頬に角栓が詰まりやすいです。

適正なお手入れをせずに、一時しのぎのお手入れをしていたり、そのまま放っておいいたりすると、すぐさま酸化してしまい、黒ずみの原因にもなります。

角栓は、毛穴に詰まってしまうので、ニキビ・吹き出物の原因にもなり、決して、放っておいてはいけません。

皮脂が多い

これが、最も大きい原因かと思います。

皮脂が多い肌、オイリー肌の場合は、角栓ができてしまう、必要以上の皮脂が多いため、その分、毛穴が早く詰まりやすいです。

乾燥する

実は、乾燥が角栓が詰まってしまう大きな原因なのです。

ドライ肌というのは皮脂がたくさん分泌される原因にもなっています。

乾燥すると(潤いがなくなると)皮膚はカサつき張って硬くなります。

突っ張った皮膚は、毛穴の状態も悪くなり、乾燥した脂が毛穴に詰まり、角栓になります。

鼻周辺や口周辺に角栓が特に多いのは、これが原因です。

古くなった角質や化粧品の汚れ

いくら洗顔したり、肌を清潔に保っていても、古くなってきた角質や固形化した化粧品は、残されて溜まっていき、毛穴を詰まらせるようになります。

さらに、肌年齢が高くなっていくと、古い角質も化粧品の汚れも自然と流れにくくなってしまいます。

毛穴につまった角栓を放っておくと?

毛穴につまってしまった角栓を、むりやり押し出したりしたら、跡になったり、毛穴が開いたままになったり・・・。

だからといって、放っておくわけにもいかないです。

もしも、放っておいたらどうなるのでしょうか?

ニキビ・吹き出物になってしまう

放っておいても、何もならない角栓がある一方、不摂生な毛穴の中で、炎症が膨れ上がり、結果、ニキビ・吹き出物になってしまうケースが多いです。

それだけでなく、炎症が悪化していき、化膿していまう事もありえます。

こうなると、ニキビ・吹き出物が治ったとしても、肌は全てを修復できずに、でこぼこ肌のクレーター肌になってしまいます。

黒ずみ、ブツブツになる

毛穴に詰まった角栓は、空気に触れて乾燥し、酸化します。

よく見る、黒いブツブツになったものがそれです。

中でも皮脂がたくさん分泌する、Tゾーンに黒いブツブツ肌ができやすく、鼻にできたものは、イチゴ鼻というふうに言われます。

いくら、美白だとか日除けで白い肌であっても、黒ずみのブツブツがあれば、余計に目立ってしまうことになります。

シミになってしまう

角栓を洗い流したにもかかわらず、毛穴が黒ずんだ状態ということがあります。

その状態は、毛穴がシミになっているのです。

毛穴に角栓が詰まった状態が長く続くと、過酸化脂質となり、近いうちに活性酸素が生じます。

直射日光から肌を守るためにシミができます。

それと同じく、毛穴でも活性酸素が原因となって、黒ずみのシミができてしまうのです。

毛穴の黒ずみ、シミができないために

たかが、毛穴に詰まった角栓。

しかし、それを放っておくと、黒ずんでいき、シミができる原因となってしまいます。

それを防ぐためには、定期的に毛穴を清潔にすること。

それと、毛穴の角栓に対する正しいアプローチが必要です。

ファンケルのアクネケアであれば、毛穴に詰まった角栓対策になり、化膿ニキビ・吹き出物や黒ずみ、シミになる前に、角栓を対処することができます。

68%OFFの特別価格1600円でためせるのも嬉しいです。(しかも送料無料)

白くて綺麗な肌を目指しているのに、よく見たら、毛穴が黒ずんでいる。

こんなのは、かなり最悪ですよ。

白い肌だからこそ、余計に毛穴の黒ずみが目立つっていう。

そうならないためにも、毛穴の角栓対策は、怠ってはならないですね。

若い頃、鏡を見ながら鼻の角栓を絞り出していました・・・。

そういう手持ち無沙汰のような行為が、お肌のトラブルへ繋がっていくのでしょう。

私も、毛穴の角栓対策には、特に気をつけていきたいと思いました。

目次