乾燥からくる顔の粉ふきの原因と解消方法とは?

顔が乾燥していると、いろいろな肌トラブルになってしまいます。

中でも、見た目から分かってしまう、乾燥したときの顔の粉吹きです。

今回は、乾燥からくる顔の粉ふきについてです。

目次

乾燥肌の粉ふきの原因とは?

乾燥していると、顔に粉がふいたようになったりしますよね。

あれは何かというと、剥がれた角質なんです。

肌というのは、いくつかに分けて、層でできています。

内部から、基底層→有棘層→顆粒層→角質層

普段触れている層が、角質層です。

この角質層も、角質細胞が何層にもなっているため、その一番外部に近い層が剥がれているのです。

肌が粉ふいていると、「・・・もしかして、病気?」と焦ってしまうかもしれませんが、

誰しもが、古くなった角質が剥がれるので、難しく考えなくて良いんですね。

では、なんで乾燥肌が粉ふくのかというと、乾燥肌というのは、潤いが欠如している状態です。

そのため、剥がれている角質が白く目立っているのです。

肌に潤いがあれば、角質が剥がれていても、目立つことはありません。

顔の粉ふきの原因は、乾燥肌にあるのです。

乾燥肌の粉ふきの解消方法とは?

乾燥肌の粉ふきの解消方法は、正しいスキンケアと保湿です。

古い角質が剥がれているからといって、洗顔でゴシゴシ洗ってはいけません。

ゴシゴシ洗わなくても、古い角質は取れます。

乾燥肌でゴシゴシ洗ったりすると、余計に乾燥肌が悪化してしまいます。

悪化してしまうと、顔の粉ふきも、更に酷くなります。

そのため、洗顔では優しく洗うのが基本です。

それに、ゴシゴシ洗わずに、泡立てた泡を顔に乗せて、泡で汚れを落とすようにします。

使う洗顔料や化粧品も、乾燥肌や敏感肌に合ったものを選びます。

気をつけたいのが、エアコンの風を受けないようにすることです。

エアコンの風というのは、理想の温度を出しているため、受けると心地良いのですが、乾燥肌を加速させてしまいます。

代わりに加湿器を置くのが良いです。

湿度が上がると、体感温度も上がるので、エアコンの温度を下げても、暖かくなります。

乾燥肌対策をして、古くなった角質にも潤いを与えてあげると、顔の粉ふきは、解消されます。

これを期に、乾燥肌を自覚して、対策していくのが良いかと思います。

顔の粉ふきも、自分では、そんなに大したことないと思いますが、他の人の顔が粉ふいていると、結構、気になるものです。

乾燥というのは、肌トラブルの元なので、十分な対策をしていきたいですね。

目次