大人ニキビ(吹き出物)に良い化粧水とは?

思春期の頃は、なにかとニキビができてしまい、悩んだことがあります。

でも、大人になってからも、大人ニキビ、つまり吹き出物に悩まされるんですよね。

どうにか治したいけれど、大人だから、化粧もしなきゃならないです。

でも、どの化粧水を使えばいいのか・・・?

今回は、大人ニキビこと吹き出物に良い化粧水についてです。

目次

大人ニキビにいい化粧水ってどんなの?

一般的に化粧水は、

  • 保湿をして潤いを与え、バランスを保つ
  • 肌に良い成分で、肌環境を整える

といったメリットがあります。

大人ニキビの原因というのが、乾燥であったり、毛穴の詰まり、バランスの乱れ、などであるため、化粧水を使うのは、大人ニキビにとって効果的です。

大人ニキビにいい化粧水を選ぶには、2つのポイントがあります。

  • 大人ニキビに効果のある化粧水を選ぶ
  • 大人ニキビを刺激してしまう成分を避ける

この2つを基本として選びましょう。

大人ニキビに効果のある化粧水を選ぶ

化粧水にも、いろいろありますが、大人ニキビ対策をできる成分が入っているものがいいです。

大人ニキビに効果のある成分は、

  • ビタミンC誘導体
    これは、ビタミンCを吸収しやすくしたもので、ニキビ関連だけでなく、たるみやシワにも効果があります。
  • グリチルリチン酸
    甘草という薬用植物から抽出したもので、お肌に優しい成分で、炎症を抑えてくれます。
  • アラントイン
    炎症や赤みにいい成分で、副作用もないです。安全性、信頼性ともに高い、優しい成分です。

これらが含まれている化粧水が、大人ニキビに良いとされています。

大人ニキビを刺激してしまう成分を避ける

逆に、大人ニキビには良くない成分もあります。

それは、刺激を与えてしまう成分で、付けてしまうと、より悪化してしまう恐れがあります。

中でも、エタノールは、大人ニキビに刺激を与えてしまうため、避けたほうがいいでしょう。

他にも、敏感肌の人も避けたほうが良い成分です。

また、ニキビというのは、油分が溜まったものなので、オイルイン製品は避けなければなりません。

使ってしまうと、大人ニキビがさらに、大きくなってしまう可能性があります。

大人ニキビのある顔の化粧水の付け方は?

大人ニキビのある顔への正しいアプローチは、

>>吹き出物ができた顔に化粧水を使ってもいいの?

を参照して下さい。

ここでは、逆にしてはいけない付け方をご紹介します。

化粧水を押し込むやり方

化粧水を染み込ませたい一心で、コットンを押し付けたりするのは、良くありません。

実感としては、浸透したような気がするかもしれませんが、実際は、肌に良くない刺激を与えているだけです。

コットンを使うやり方

コットンではなく、手で化粧水を付けていきましょう。

コットンの繊維で傷付けたり、余分な皮脂を奪ったり、良くないことが多いです。

手で優しく、浸透させていきましょう。

乳液を使ってしまう

ニキビは、油分(アクネ菌)です。

そのため、油分である乳液を使ってしまうと、ニキビ自体を悪化させてしまうかもしれません。

少なくとも、良くはならないため、乳液は、使わないというのが良いです。

女性の場合、生理前などは、ホルモンバランスが崩れがちになり、大人ニキビができやすくなってしまいます。

大人ニキビにいい化粧水と正しい付け方。

これらだけでなく、生活習慣という根本的な部分でも、見直していく必要があります。

化粧水は、いろんなのがあって、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。

でも、摂り入れるべき成分を知っていれば、迷うことなく、対策できますね。

もちろん、生活習慣を見直すことも重要で、大人ニキビができてしまった事をキッカケに、良い生活と心掛けるのが良いですね。

目次